台場




霞む晴海ふ頭  
1995.12 東京港 PENTAX FZOOM80-200


冬の午後  
1995.12 台場 PENTAX FZOOM80-200
冬の午後、レインボーブリッジを歩いて渡り、お台場海浜公園に行きました。平日ですと、この人工海岸に人はまばらです。家族とアベックが二組くらいです。やわらかい陽射しに身をゆだねていますと、日頃の慌しさを忘れ、いつまでもボーっとしてしまいます。


砂浜  
1995.12 台場 PENTAX FZOOM80-200


水鳥  
1995.12 台場 PENTAX FZOOM80-200


 
1995.12 台場 OLYMPUS 35EC2 E.ZUIKO 42mm F2.8


レストハウス  
1995.12 台場 PENTAX FZOOM80-200


西陽  
1995.12 台場 PENTAX FZOOM80-200


西陽  
1995.12 台場 PENTAX FZOOM80-200
陽が西に傾きますと、水際が金色に輝き始めます。太陽は、砂浜から海に向かって真正面に沈んで行きます。先ほどまで砂浜にたむろしていたオナガガモらしき水鳥たちは、気が付くと水の中に入り、橙色の中にシルエットになっていました。


都市の光  
1995.12 台場 OLYMPUS LENS38-105
陽が沈みますと、空は青に変わります。青は、時々刻々濃さを増していきます。どの青もそれぞれに魅力的です。空が暗くなっていくと、反対に向こう岸の光がだんだんと明るくなっていきます。もう少し見ていたいと思いながら、「ゆりかもめ」でお台場を後にしました。





平成9年(1997年)に刊行された小林信彦氏の小説「結婚恐怖」の冒頭、序章 死の土地の中で1990年代半ば当時のお台場が描写されている。氏は、ゆりかもめから見たこの土地の風景を”死の風景”と表現している。




トップページへ

ご意見/ご感想はこちらまで